高尿酸血症と痛風 | 尿酸値を下げるにはザイロリックが効果的!薬の力で痛風予防
形の違う薬

高尿酸血症と痛風

痛風は聞いたことがある人も多いと思いますが、高尿酸血症はあまり聞いたことがないのではないでしょうか。
名前も難しいように見えますが、実は症状をそのまま名前にしているので、名前を見ただけでもどういうことが起こったら発病するのかは分かりやすいと思います。
高尿酸血症というのは、尿酸値が7.0mg/dLを超えた場合に与えられる病名です。
尿酸値が高いかも…と自分自身で意識することはないと思いますが、尿酸値が高いことによって様々な症状を引き起こす危険性があるので、実はものすごく危険な病気でもあるのです。
尿酸値が高いとどうなるのかというと、簡単に言ってしまえば生活に大きく支障をきたすリスクを高めることになります。
高尿酸血症を発病してしまうことで、痛風発作や尿路結石などを発症してしまう人が非常に多くいます。
高尿酸血症と痛風は全く別の症状ではなく、高尿酸血症の延長線上に痛風がいる、と考えると分かりやすいでしょう。
痛風の症状は激痛を伴うので、可能な限り高尿酸血症の段階で改善することが求められます。
そもそも、痛風の名前の由来になっているのが、諸説ありますが「風が吹いただけでも痛い」という症状を発症することから痛風と名づけられたと言われています。
足の親指の激痛から始まり、歩行することが困難になるほど足に激痛が走ることになるので、とてもじゃないですが仕事をできる状態ではありません。
そうなってしまうと、なにかと面倒事も起こってしまうので、高尿酸血症が痛風まで進行する前にザイロリックで尿酸値を下げておきましょう。